ミッフィーの目には....

d0096843_2083395.jpg

asahi.com(2011年3月27日)に掲載されていた記事を紹介:
震災や原発事故におびえ、悲しい思いをしている子どもたちに向け、絵本の主人公ミッフィー
(うさこちゃん)のイラストとメッセージが26日に届いた。
作者のディック・ブルーナさん(83)がオランダから、朝日新聞あてに電子メールで送って
くれた。
 あまり泣かない子うさぎが大粒の涙を流している。しかも2粒も。あえて色はつけなかったという。
鉛筆で力を込めて「日本のみなさまへ思いを込めて ディック・ブルーナ」。
簡素なイラストとメッセージのなかに、ブルーナさんの深い悲しみと優しさが感じられる。

 よく似た絵柄はこれまでの絵本に発表されているが、本社記者の呼びかけに応じて新しく
かいてくれた。

 「被災地の子どもたちに必要なのは、食べもの、暖かいストーブ、そして夢と希望です。
あなたのイラストで、子どもたちに希望を与えて下さい」と頼むと、すぐに「わかりました。
心をこめてかきましょう。しばらく時間を下さい」と返事をくれた。

 ブルーナさんはオランダを代表するグラフィックデザイナーで絵本作家。
「うさこちゃん」を中心に50以上の言語に翻訳されている。とりわけ日本との縁は深い。
世界で最も早く翻訳されて1964年に出版された。自身も78年に初めて日本を訪れ、
その後も訪問を重ねた知日家だ。

 96年には家族との死別をテーマに絵本「うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん」を
発表しており、その絵本でも涙を2粒描いた。「愛する人との別れは悲しいことです。
でも『あなたの人生はこれからも続いていくんだよ』と伝えたかったのです」と、
涙のわけを語っていた。

 今回も2粒の涙で、ブルーナさんは日本の子どもたちに寄り添っている。
[PR]
by prachtig | 2011-04-02 20:18 | holland